2chニュース|まとめ屋

2chニュースのまとめサイトです。ニュース速報・芸能人の噂・話題の人気スレ・おもしろネタを配信しています。

    カテゴリ: 企業・社会

    1: 2016/11/09(水) 09:13:32.09 ID:CAP_USER9
    皇太子ご夫妻の長女の愛子さまは、体調がすぐれず、9月下旬から学校を休んでいましたが、8日、43日ぶりに登校されました。

    学習院女子中等科3年生の愛子さまは、疲れや体力の低下が見られ、体調がすぐれないことから、9月26日以降、医師の助言にしたがって学校を休み、運動会や文化祭のほか、2学期の中間試験も欠席されました。

    愛子さまは、宮内庁病院で受けた検査で特に異常は見られず、当初見られた食欲の低下やふらつきの症状も少しずつ快方に向かい、8日午後1時半すぎにお住まいの東宮御所を出発して学校に向かわれました。

    愛子さまは午後2時前に学校に到着し、1時間余り学校で過ごしたあと、午後3時すぎに学校をあとにされました。

    愛子さまが登校されたのは43日ぶりになります。

    愛子さまは、学校を休んでいる間はお住まいの東宮御所で静かに過ごし、体調がよい時ときには勉強や読書をしたり音楽を聴いたりしながら「早く学校に行って友達と会いたい」と話されていたということですが、宮内庁は「回復にはもう少し時間が必要だ」と説明していました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161108/k10010760011000.html

    aiko

    【愛子さまが43日ぶりに登校】の続きを読む

    1: 2016/11/09(水) 21:04:49.15 ID:CAP_USER9
    パワハラやモラハラ、過重労働…わが子が大人になり、社会人になったらなったで、親としては、また別の心配事が始まるが、はたして、職場で“いじめられやすい・標的になりやすい大人”の特徴はあるのだろうか?心理カウンセラーとして高い人気を誇る那賀まき氏に分析してもらった。

    ●いじめられやすい大人の特徴とは?

    1)立場が弱く、おとなしく自己主張しない人

    「No」を言わない、自己主張しない、おとなしい、こういう要素を持つ人は、「言うことを聞いてくれる人」と認識されやすく、上下関係の「下」に置かれたり、他の人が嫌がる仕事を押し付けられたり、ストレスのはけ口にされたりします。特に、新しく入った人、派遣やパートなど立場が弱い人は「いじめ」の対象になりやすいようです。

    2)空気が読めない人
    場の空気に合わない行動が周りの人をイラっとさせることがあります。職場独特のルールがあることも多いので、新しく入った人がそのルールを無視するような行動をとると、以前からいる人は自分たちのやり方を否定されたように感じ、不快になることもあります。日本人は「空気を読んで動く」文化をもっていますから、いちいち言わないとわからない人や、場の空気に気づかず行動する人に不快感を感じることが多いようです。

    3)被害者意識の強い人
    仕事のミスを注意すると、いつまでも落ち込んでクヨクヨする人や、嫌われた、意地悪されたと思う人は「扱いにくい人」「面倒くさい人」と思われ、距離をとられやすくなります。また、いつまでも気にされると、ミスを指摘した人は、次第に「私が悪いの?」という気持ちになり、それを否定するために、「いつまでも気にしているあなたが悪い」と責めるようにもなります。

    4)周りから嫉妬される要素をもっている人
    人は「若い」「かわいい」「学歴がいい」など、「うらやましい」と感じさせる要素を持った人に対し、自分のコンプレックスを刺激されたり、嫉妬心が生まれたりします。周囲の嫉妬心があると、悪意のない、ちょっとした行動であっても「ちやほやされている」「生意気だ」「鼻にかけている」と思われいじめの対象となっていきます。また、自分や会社、仕事に対する不満が大きいほど、自分より恵まれている人に対する劣等感や嫉妬は大きくなります。

    5)仕事ができなかったり、依存心が強い人
    仕事が遅い、ミスが多いなどは、本人だけでなく、周りの人の段取りを狂わせます。繰り返しそのようなことが起こると、周囲が「迷惑だ」「邪魔だ」と感じるので、邪険に扱いたくなったり、怒りをぶつける対象になりがちです。また、職場の基本は、「自立した大人同士の付き合い」なので、依存的な人は「甘えている」と捉えられます。「泣き言を言わない」「甘えない」と自分に禁止している「依存」を表に出されると、多くの人が反感を覚えやすくなり、いじめのターゲットとされてしまいます

    ●大人のいじめ・家庭での兆候は?
    それではもしも職場でのいじめがあった場合、家庭では、娘や息子にどのような兆候が表れるのだろうか。那賀氏によれば、以下の兆候が見られたら、要注意だという。

    ・イライラしたり怒りっぽくなる
    ・ふさぎ込む
    ・話しかけても上の空である
    ・職場の愚痴が増える
    ・急におしゃべりになったり、明るく振る舞う
    ・仕事を辞めたい、休みたいとほのめかす
    ・体調不良になる

    親であれば、誰もが子の異変に気づくだろうが、息子や娘が大人になった今、関わりが薄くなれば、その発見が遅れることも…。わが子が実家暮らしでも、遠く離れた1人暮らしでも、やはりある程度の親子のコミュニケーションは必要だ。わが子が大人になった今こそ、上記の5箇条をさりげなくナビゲーションして伝えることで、わずらわしい揉め事から回避することができるかもしれないし、子育て真っ最中のママは、これらを心に留めておくだけで、将来“いじめられない大人”へと、わが子を成長させることができるのかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161109-00000008-rnijugo-life
    R25 11/9(水) 7:04配信
    ijime

    【【悲報】職場でいじめられやすい大人の特徴】の続きを読む

    1: 2016/11/03(木) 22:36:13.49 ID:CAP_USER9
    深セン交通警察が、車両のハイビームについて違反した運転手に対する処罰が、問題視されている。運転手を、自らの車の前に座らせてハイビームを強制的に数分間見つめさせるというものだ。

    同局はミニブログ微博の公式アカウントで、運転手を罰している写真を公開。不必要に明るく前方を照らすハイビームを使用した運転手に対し、その「視界不良を体験させて忘れないように」するために、ハイビームを数分間見つめさせている様子が映っている。

    この処罰に加えて、交通警察は300元(約5000円)の罰金、運転免許証の点数の減点、ライトの調整を行っている。同局によると、2014年からこの処罰は行われている。

    中国ネットで、この警察による「ハイビームの罰」が最も注目される話題の一つに上がった。「やり過ぎだ」「失明の恐れがある」との声が多い。「この罰は正しくない。冷酷だ。警察はハイビームを5分見つめてみたらどうか」。

    中国では、警察が与える罰則に関する法律があいまいで、各行政の警察の取り締まり方法は地域により異なっている。

    なかでも、深セン警察は「前衛的」な例を作ることで知られる。2015年8月には、歩道を信号無視して通行した市民に対して、交通安全のスローガンが書かれた緑の帽子と緑のゼッケンを着せるという皮肉な罰を与えていることに話題となった。

    (翻訳編集・佐渡 道世)

    no title

    http://www.epochtimes.jp/2016/11/26351.html

    【【笑撃】中国、ハイビームを数分間見つめさせる罰」を導入】の続きを読む

    1: 2016/11/07(月) 09:10:12.56 ID:CAP_USER9
    ◆<NHK>受信料値下げ 籾井会長が意向示す 余剰金見込み

    NHKの籾井勝人(もみい・かつと)会長が10月11日の経営委員会で、2017年度から5年間で計1000億円の余剰金が見込めると説明し、同年度中の受信料値下げ実施の意向を示していたことが分かった。

    経営委員らによると、籾井会長は受信料収入(16年度予算ベースで6758億円)のうち約3%に相当する200億円を値下げに充てると説明。経営委員からは「実現しても値下げ額が小幅」「それだけの資金が余るかどうかわからない」などと慎重な意見が相次いだという。

    NHKは12年度以降、収支差金を放送センターの建て替えのために積み立ててきた。約1700億円を見込む建設費は今年度末でほぼ積み立てを終える見通しだ。

    昨年度の収支差金は288億円に達しはセンター建て替えの積立金に278億円を繰り入れていることから、余剰金をどのような形で視聴者に還元するかは、NHK内部や総務省の検討会で協議中で、結論はまだ出ていない。今回の籾井会長の経営委への説明も、正式な議案として提示されたものではなく、公表された議事録には記載がない。

    (▼続きはリンク先の記事ソースでご覧ください)

    毎日新聞 2016年11/7(月) 7:30
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-00000011-mai-soci
    nhk

    【【NHK】籾井会長、受信料値下げの意向】の続きを読む

    このページのトップヘ