2chニュース|まとめ屋

2chニュースのまとめサイトです。ニュース速報・芸能人の噂・話題の人気スレ・おもしろネタを配信しています。

    2016年10月

    1: 2016/10/14(金) 18:30:31.05 ID:CAP_USER9
    ラッパーのTOPさん(36歳)は、カリスマ的な存在として多くのファンに愛されている人物だ。インターネット上でも「トップさん」や「トッポさん」の愛称で親しまれており、ルックスもイケメンだ。

    ・気遣いを忘れない情に厚い人物
    厳しい言葉を書き込みすることが多く、硬派なイメージがあるものの、見ず知らずのインターネットユーザーに「病院に行け」「病院だとりあえず」「うん病院いけ」などとメッセージを書き込みするなど、他人への気遣いを忘れない、慈愛に満ちた情に厚い人物でもある。

    ラッパーのTOPさんは以前にも、「ネットだけで説教してるヤツほどアホな人間はいない」とネットで説教をしたことがあり、他人の教育に対して熱心だ。

    ・物議をかもす
    そんなラッパーのTOPさんがインターネット上に殺害予告を書き込みしたと話題になっており、物議をかもしている。以下が、ラッパーのTOPさんが書き込みしたとされる殺害予告である。

    ・書き込みしたとされる殺害予告
    「早う目の前で言えやゴラぁあ 口先だけの腰抜けカマ野郎w ほんまドツキ殺したるさかい 事務所来い事務所にカマこら」

    no title


    ・警察には通報済みか
    これは一般人のTwitterユーザー「自爆営業の白熊さん」(‏@akagumasann100)に対して書き込みされた殺害予告とされており、強い恐怖を感じたのか、「殺人予告怖い」「殺人予告として通報しておく」と書き込みしている。よって、すでに警察には通報済みの可能性がある。

    この殺害予告が事実ならば、その文章に「ほんま」と書かれていることから、本当に実行に移す強い意志が読み取れる。

    ・彼が本当に殺害予告を?
    ラッパーのTOPさんは、人を魅了するラップで多くのファンに感動を与えている人物。ラップで熱い気持ちを伝える彼が本当に殺害予告をしたのであれば、非常に悲しい事である。殺害予告が嘘であってほしいと願うばかりだ。

    http://buzz-plus.com/article/2016/10/13/top-the-rapper/

    【【殺害予告】ラッパーのTOPさん、一般人に「ほんまドツキ殺したるさかい」】の続きを読む

    1: 2016/10/14(金) 00:01:57.24 ID:CAP_USER9
    全部ハズレなし!編集部がオススメするご当地の美味しいお土産ベスト10【埼玉県編】


    株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が企画・編集を行う旅行情報誌『じゃらん』は、じゃらん編集部が厳選したお土産を地元民100人にアンケートし、「ご当地の美味しいお土産」トップ10を決定しました。定番お土産から地元ならではの逸品まで、美味しいお土産が勢揃い!おでかけ前の参考にご活用いただける内容となっています。※同内容はWebサイト「じゃらんニュース」内においても、紹介していますので併せてご覧ください。
    http://www.jalan.net/news/article/95616/


    【調査概要】
    アンケート期間:2016年4月15日(金)~4月17日(日)
    対象:埼玉県在住の20~69歳の男女
    有効回答数:100件
    調査内容:地元民が他県の方におすすめしたいご当地の美味しいお土産調査
    調査方法:インターネットによるアンケート


    東京のベッドタウン埼玉県には、自然豊かな秩父・長瀞、蔵の街並みが美しい川越など見どころがいっぱい。宿場町の歴史に由来する郷土菓子や地元の菓子店が創意工夫を凝らす和洋のスイーツと、ランキングはスイーツ尽くしとなりました。



    十万石まんじゅう
    1,344円(10個)/販売元:十万石ふくさや
    厳選した国産つくね芋と新潟県産コシヒカリの粉を使った薯蕷(じょうよ)皮と、北海道十勝産小豆を自家炊きしたこしあんをあわせた薯蕷饅頭。ほんのり山芋の香りがする皮と甘さ控えめのこしあんのバランスが絶妙。


    草加せんべい
    特選堅焼き360円(6枚)/販売元:志免屋
    江戸時代、日光街道の草加宿で売り出されたのが発祥

    以下ソース
    http://www.jiji.com/jc/article?k=000000396.000011414&g=prt
    jumangoku

    【【さいたま】うまい、うますぎる!埼玉県の美味しいお土産ランキング、1位は「十万石まんじゅう」】の続きを読む

    1: 2016/10/13(木) 17:28:18.35 ID:CAP_USER9
    2016年10月13日 17:00
    とある冊子で、新潟県と長野県がかわいそうな扱いを受けていた――こんなツイートが2016年10月8日に投稿され、話題になっている。

    ではここで、実際どんな間違いだったのか、見てみよう。

    "
    @legacy16134
    もしかして…と思って見てみたら…
    案の定。長野と新潟の形逆じゃんww
    no title

    no title

    https://twitter.com/legacy16134/status/784705641281531904
    "

    これは、各地にあるペンションなどの宿泊施設を紹介した冊子を撮影したものだ。投稿者はまず長野県のページを見て「県の形が長野じゃない」と気付いたようで、その後「もしかして...」と思い、新潟県を見たところ形が逆になっていたという。話題の映画「君の名は。」のセリフを思い出す人もいれば、間違いの凄さに驚いてしまう人も多かったようだ。

    このツイートには、こんな反響が。
    http://j-town.net/tokyo/news/localnews/233478.html

    どうして入れ替わってしまったんでしょう(笑)?発行する前に、誰か1人くらい気が付いても良さそうなのに、不思議です!(ライター:a rainbow)

    【【県の名は。】新潟「もしかして」長野「私たち」「「入れ替わってるー!?」】の続きを読む

    mae


    1: 2016/10/05(水) 16:03:12.14 ID:/O78SvOO0 BE:479913954-2BP(1931)
    前田敦子さんら装い出会い系で高額請求 海外逃亡の幹部を詐欺の疑いで逮捕

     アイドルグループ「AKB48」元メンバーの前田敦子さんら芸能人を装ったメールを送って出会い系サイトに誘導し、高額な利用料を請求する「サクラサイト詐欺」に関与したとして、 警視庁サイバー犯罪対策課が組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)などの容疑で、ソフトウエア開発 「フリーワールド」(東京)の専務の男(38)を逮捕していたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。男は海外に逃亡していたが9月下旬に帰国。同課はだまし取った現金の流れを捜査する。

     捜査関係者によると、警視庁は平成25年に出会い系サイト運営会社「ウイングネット」(同)を摘発。事件では、前田さんらを装った「サクラ」が フェイスブックといった交流サイトを通じて「相談に乗って」などと持ちかけ、出会い系サイトに誘導。 サイトではメッセージの送受信で1回数百円が課金されており、「連絡先を教える」などと期待を抱かせ、繰り返し利用させていた。

     ウイングネットは22サイトを運営し、22年2月~24年6月で全国の約37万人から116億円を売り上げたとみられる。

     警視庁はウイングネットを摘発すると同時に、利益の一部を受け取っていたとみられるフリーワールド側への捜査も行っていた。 フリーワールドは芸能人のマネジャーを装ってネット利用者にメッセージを送信し、ウイングネットのサイトに誘導する役割を担っていたとみられる。

     専務の男は社内での指示など重要な役割を担っていたとみられ、容疑について黙秘しているという。 男は1年半以上海外に逃亡していたが、外務省が今年、旅券返納命令を出し、今年9月下旬に台湾から帰国していた。

    http://www.sankei.com/smp/affairs/news/161005/afr1610050001-s1.html

    【出会い系「前田敦子で~す。メールしませんか?」 で全国の37万人から116億円騙し取った天才を逮捕】の続きを読む

    ilm20_ad01005-s


    1: 2016/09/23(金) 09:24:41.93 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000016-asahi-soci

    生活保護を受けている男性では、3人に1人がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)で、喫煙者が4割以上いることが厚生労働省の調査で分かった。いずれも生活保護を受けていない男性より割合が高い。

    2014年度にメタボ健診を受けた40歳以上の生活保護受給者約10万8千人の診断結果を分析した。メタボと診断されたのは男性が32・7%で女性が17・5%。
    受給していない男性(21・0%)より10ポイント以上高く、女性は3倍近かった。

    60代後半の男性が34・6%(受給者以外は27・4%)、70代前半の男性が33・3%(同26・9%)と割合が高い。受給男性の喫煙率は43・0%(同33・7%)で、 とくに50代が51・9%と多かった。

    生活保護費のうち約半分は医療扶助が占めている。厚労省は医療費を減らすため、今年度中に受給者の生活習慣病対策をまとめる方針だ。

    【生活保護受給者メタボ割合高し。生活習慣病・医療費拡大の悪循環】の続きを読む

    このページのトップヘ