2chニュース|まとめ屋

2chニュースのまとめサイトです。ニュース速報・芸能人の噂・話題の人気スレ・おもしろネタを配信しています。

    mae


    1: 2016/10/05(水) 16:03:12.14 ID:/O78SvOO0 BE:479913954-2BP(1931)
    前田敦子さんら装い出会い系で高額請求 海外逃亡の幹部を詐欺の疑いで逮捕

     アイドルグループ「AKB48」元メンバーの前田敦子さんら芸能人を装ったメールを送って出会い系サイトに誘導し、高額な利用料を請求する「サクラサイト詐欺」に関与したとして、 警視庁サイバー犯罪対策課が組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)などの容疑で、ソフトウエア開発 「フリーワールド」(東京)の専務の男(38)を逮捕していたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。男は海外に逃亡していたが9月下旬に帰国。同課はだまし取った現金の流れを捜査する。

     捜査関係者によると、警視庁は平成25年に出会い系サイト運営会社「ウイングネット」(同)を摘発。事件では、前田さんらを装った「サクラ」が フェイスブックといった交流サイトを通じて「相談に乗って」などと持ちかけ、出会い系サイトに誘導。 サイトではメッセージの送受信で1回数百円が課金されており、「連絡先を教える」などと期待を抱かせ、繰り返し利用させていた。

     ウイングネットは22サイトを運営し、22年2月~24年6月で全国の約37万人から116億円を売り上げたとみられる。

     警視庁はウイングネットを摘発すると同時に、利益の一部を受け取っていたとみられるフリーワールド側への捜査も行っていた。 フリーワールドは芸能人のマネジャーを装ってネット利用者にメッセージを送信し、ウイングネットのサイトに誘導する役割を担っていたとみられる。

     専務の男は社内での指示など重要な役割を担っていたとみられ、容疑について黙秘しているという。 男は1年半以上海外に逃亡していたが、外務省が今年、旅券返納命令を出し、今年9月下旬に台湾から帰国していた。

    http://www.sankei.com/smp/affairs/news/161005/afr1610050001-s1.html

    【出会い系「前田敦子で~す。メールしませんか?」 で全国の37万人から116億円騙し取った天才を逮捕】の続きを読む

    ilm20_ad01005-s


    1: 2016/09/23(金) 09:24:41.93 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000016-asahi-soci

    生活保護を受けている男性では、3人に1人がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)で、喫煙者が4割以上いることが厚生労働省の調査で分かった。いずれも生活保護を受けていない男性より割合が高い。

    2014年度にメタボ健診を受けた40歳以上の生活保護受給者約10万8千人の診断結果を分析した。メタボと診断されたのは男性が32・7%で女性が17・5%。
    受給していない男性(21・0%)より10ポイント以上高く、女性は3倍近かった。

    60代後半の男性が34・6%(受給者以外は27・4%)、70代前半の男性が33・3%(同26・9%)と割合が高い。受給男性の喫煙率は43・0%(同33・7%)で、 とくに50代が51・9%と多かった。

    生活保護費のうち約半分は医療扶助が占めている。厚労省は医療費を減らすため、今年度中に受給者の生活習慣病対策をまとめる方針だ。

    【生活保護受給者メタボ割合高し。生活習慣病・医療費拡大の悪循環】の続きを読む

    1: 2016/09/21(水) 08:45:36.95 ID:CAP_USER9
    最近は本業よりも私生活がニュースになることの多い歌手の浜崎あゆみ(37)。
    ひさびさに歌が話題になったと思ったら、 生放送での歌声が“放送事故レベルだった”と酷評されている。

    19日放送の生特番「Mステ ウルトラ FES 2016」(テレビ朝日系)で浜崎が披露したのは、 「M」「SEASONS」「evolution」と、いずれも代表曲の豪華ラインナップ。
    しかし、歌が始まってすぐ、ネット上には視聴者からの疑問の声が相次いだ。

    1曲目の「M」、2曲目の「SEASONS」では、サビで声が出づらくなるなど高音部分が不安定に。
    3曲目の「evolution」は、とうとう吠えるような歌い方になってしまい、サビの部分では音程すら感じられなかった。

    視聴者からは<歌唱力落ちたな。荒っぽい><絶叫で誤魔化してる>など、歌い方が丁寧ではないとする指摘が相次いだほか、 <全盛期と声が違い過ぎる><もう野太い声しかでなくなったなあ>と、声質や音域の変化を嘆く声が殺到している。

    浜崎は近年、コンサートでは原曲よりも低いキーで歌を披露することが多くなっているほか、今回のMステでも一部でキーを下げていた。
    かつて、涼しい顔をして伸びやかな高音を出していた歌姫の“衰え”に悲しむファンは少なくない。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/190233
    2016年9月20日

    no title

    【【劣化】浜崎あゆみ歌声・スタイル共に痛々しいことに…(画像あり)】の続きを読む

    ilm21_ab01004-s


    1: 2016/09/22(木) 18:21:04.73 ID:CAP_USER9
    2016年09月22日 17:58 (アップデート 2016年09月22日 18:00)

    猫が喉を鳴らすごろごろという音は人間の健康に良い影響を与えることがボルゴグラード国立大学の調べでわかった。
    被験者として男女半々の20人の大学生が選ばれ、特殊な検査機械で血圧、心拍数、心電図などが調べられた。
    その後、学生らにはヘッドホンが渡され、10分間にわたって猫が喉を鳴らす時に出すごろごろという音が流された。
    この間、学生らはスクリーンに映し出された人なつこい猫の映像を鑑賞した。
    映像の選択は心理学部と共同で行なわれた。
    ヘッドホンをはずした後の学生らはここで再び血圧、心拍数が調べられ、心電図がとられた。
    その結果、血圧、心拍数、心電図ともに正常値が示された。

    これとは対照的に、先に米国疾病管理予防センターは猫を撫でると健康に害があると発表している。
    http://jp.sputniknews.com/science/20160920/2794592.html


    http://jp.sputniknews.com/science/20160922/2804546.html

    【【朗報】猫が喉を鳴らす「ごろごろ」音は人間の健康に良い、ロシアの研究結果】の続きを読む

    1: 2016/10/02(日) 07:34:08.69 ID:qVqWq/WL0● BE:711292139-PLT(14121) ポイント特典
    新製品が発売されてよくあることは、問題を解決しようとその製品を「裏技で駆使」しようとする人がいることだ。 YouTuberの1人、テック・ラックスさんはこの傾向を逆手に取り、皮肉いっぱいの動画を投稿した。だが唯一の問題は、それが風刺だと気づかなかった視聴者がいたことだ。 

    テック・ラックスさんは「iPhone 7のヘッドホンジャックを手に入れる秘密の裏技」と題した動画を投稿。彼はなんとドリルでiPhoneに穴を開けたのだ。

    ご想像の通り、開けた穴はヘッドホンジャックとして機能するわけがない。 テック・ラックスさんはジョークでこのビデオを作ったのだが、これを視聴した700万人以上の視聴者の中には、ジョークだとわかっていなかった人がいたようだ。 iPhone 7を持っている何人かの人はその穴がヘッドホンジャックになると思い、実際にドリルで穴を開けてしまった。

    言うまでもなく、彼らは最悪の結末を迎えてしまった。動画のコメント欄がそれを物語っている。 ある人はなぜうまく機能しないのかテック・ラックスさんに質問を投げかけ、ある人は悪ふざけにひっかかってしまったことに怒り心頭。

    オンラインマガジンの『Crave』が多数のこれらのコメントをまとめているのでその一部をご紹介しよう。

    「これをやったら、ディスプレイが壊れた。それに、機能してない...この動画を見たことで人生最悪の間違いを犯しちまった」
    「この動画を本気にして実際に試した人へ。これはiPhoneの裏技なんかじゃない。よく考えて。もう一度言う。これはiPhoneの裏技なんかじゃない。よく考えて」
    「友達がこれをやってうまくいったって言ってた。でも俺がドリルで穴を開けたら、iPhoneの電源が入らなくなったんだ。 確認したけど、3.5mmのドリルだった。だから間違ってない! どうしてなんだ? 同じようになった人いる?」

    i

    https://youtu.be/5tqH-Un9SFU


    http://news.aol.jp/2016/09/30/iphone7/

    【ネタ動画に騙されてiPhone 7にドリルで穴を開けるアホが続出している件・・】の続きを読む

    このページのトップヘ